さて、先々月に張った弦の感想なんぞを。

セットで新しくラベラの980を張る。
随分明るいガット色で裸ナイロン弦にも見える。
一週間ほどで毛羽立ってきたのでニセモンでは無いとわかる。
基本的なガットサウドは変わらないが
弓が全然引っかからない。
がんばってみるがどうしても裏返っちゃう。
結局一ヶ月もしない内に替える。

その後に、上2本だけドイツEFRANOのガット、ブラックバーニッシュ仕上げを買う。
こいつもびっくりするぐらい表面はツルッツル。
ピチカートであればほつれもないし最強かもしれない。
ガットなのに妙に堅い感触であるが、バーニッシュがしっかりかかっているのがわかる。
しかし時には弓も弾きたいじゃんってことでモノの1週間で終了。

割と安い中ではレンツナーが相性が良かったかな。
GAMUTも試したかったけどちょっと一休み。
売れっ子になったらやります。

なんだかんだ回り回って今は例の定番の弦になっちゃいましたよ。

ガットは金かかります。
とある人が同じ弦で両方は無理だってことで
弓用楽器買えって言うけど
初期費用にしてはきついっす。

今年はスパイラルコアで4649。
あ、品名でスピロコアです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中