三国志

中国語版でやるか、英語版でやるか、、、

中国語でやる分には人名、地名、がよくわかる。
英語は発音がちょっとずれる。曹操がcaocaoや夏侯淵がXiahouYuanなど、
音読みが訛って英語風味になる。
要するにピン音になる、さっぷりぷりぷり。

英語で指令、作業の説明などわかるが
中国語ではちんぷんかんぷん。

ふむ。
どっちもどっちなんだなぁ、、、

ま、それはそうとていろいろがんばってます。
再度禁煙も。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください